美容外科はエステサロンとは違い医者が施術します

美容外科で出来ることは、エステサロンなどとは異なり、メスを使った治療や手術をすることができることです。

医療機関なので、国家免許をもつ医者が治療にあたります。


国家免許をとるためには解剖学や生理学などを学び知識が必要になり、あらゆる医療知識や技術を取得することで医療現場に立つことができます。

名古屋の美容外科の詳細はこちらで簡単に調べられます。

エステサロンでは使用できない機器や施術ができるのも医師免許を持っているためです。

FC2まとめに関する情報満載です。

美容外科では様々な治療を行なっており、プチ整形なども施術します。



二重にするプチ整形などは、殆どが短時間で施術が終了して、費用も安くできます。


美容外科では、レーザー脱毛も可能です。

エステサロンでも脱毛が可能ですが、エステで主に使用している脱毛機器は光脱毛で、痛みは少ないですが、出力が弱く施術する期間などが長期になることもあります。美容外科の脱毛は医療レーザー脱毛で、医療機関のみが使用できるレーザー脱毛機器を使用します。

医療レーザー脱毛は、一定の出力を越えると火傷する可能性があるため、適切な処置が可能な医療機関のみで使用が認められており、光脱毛よりも効果が高く安全性も高いです。


脱毛は肌へのトラブルが起きる可能性もありますが、美容外科では医師がいるため、万が一、肌トラブルが発生してもすぐに対応することができたり、薬を処方することも可能など、医療機関だからできることが多くあり、効果はもちろんのこと、万が一トラブルが発生しても対応可能なので、安心して任せることができます。